Under Construction

アンテナを付ければテレビがもっと快適になる|自由度がアップ

地上波と衛星放送がある

無理のない取付け方法

アンテナ

新しい家に引っ越したときは、役所や生活インフラの手続きと同様に、テレビアンテナの取付けを忘れずに考えておかなければなりません。
集合住宅で共同アンテナを利用している場合は例外ですが、一軒家に転居したときなどついつい後回しになってしまいがちなので注意しておく必要があります。
 アンテナには、地上波を映すための魚の骨のような形をしたアンテナと、衛星放送を映すためのお皿のようなパラボラアンテナの二種類が存在しています。
これらのアンテナは条件によっては、一度に取付けてしまったほうが手間暇や費用の面でずっと楽になるので、どんな放送を視聴したいのかあらかじめ考えておくと良いでしょう。
また壁に取付ける平らな形をしたアンテナもありますが、これは通常のものよりは高額になります。
 それから実際の取付け作業に関してですが、部品だけを購入して自力で取付けることも不可能ではありません。
この方法であれば経費を安く抑えることが可能ですが、正しい方向にアンテナをセットして家の外壁を加工したり、ブースターや分配器と言われる機器を接続したりと、どうしてもそれなりの知識と技術が必要になります。
さらに屋根の上での作業が求められるケースが多いので、少しでも不安があるのなら、無理をせずに専門の業者に依頼したほうが良いでしょう。
 プロの業者であれば電波を受信するための正しい方向の測定やしっかりとした取付けを行なってくれますし、多少の金額が掛かっても安心してできるので、引っ越しの際には前もって検討しておくと良いでしょう。

テレビを見るためには

アンテナ

賃貸物件に長く住んでいると意外と頭から抜け落ちてしまいますが、テレビを視聴するためにはアンテナを設置するかケーブルテレビなどのサービスを契約する必要があります。
より手軽でランニングコストも低く抑えることができるのは前者のアンテナを建てる方法ですが、地デジ化がなされて以降、かつてのような鹿の角のような形状をした八木アンテナだけではなく、かなりお洒落でスタイリッシュなデザインのものも登場してきています。
アンテナを選ぶにあたってポイントとなるのは、どの程度の性能のものが必要であるのかをチェックすることです。
電波状態がよく、それほど高性能なものを必要としないのであれば、選択肢は多くなり、コストも1、2万円程度のものから選ぶことが可能となります。
もっとも、アンテナは購入して終わりではなく、設置して配線まで行う必要があります。
もちろん、自分で行うことも可能ですが、建物の屋根に上らなければならないようなケースは危険が伴うため、できれば専門の業者に依頼して行うことをお勧めします。
その場合、大型電気店などでも対応してもらえますが、多くの場合には下請けに作業させることが一般的であることから、中間マージンを省くために街の専門業者に直接委託してしまった方がよいでしょう。
あまりに安い工事料金を提示しているところはかえって心配ですので、標準的な金額のところから選ぶ方が安心できるのではないでしょうか。
アンテナを購入し、適切に設置して初めて充実の地デジライフを送ることが可能となります。

室外に設置する

アンテナ

テレビを見るためには信号を受信する必要があります。
以前は電波塔から送信される電波を受信するといった選択肢しかありませんでしたが、現代ではケーブルテレビや光ファイバーによる高速大容量通信といった方法で信号を受信することが可能です。
しかし、これらの方法は月額使用料が必要で安価に視聴するといった意味では不向きです。
このため電波塔のエリア内であればアンテナを立てて受信するのがもっとも費用が掛かりません。
アンテナを設置するためには電波が受信できる場所である必要があり、屋外に設置することになります。
多くは屋根の上などに設置しますが、高層ビルなどがある場合には受信は困難です。
ただそれらの悪条件がなければクリアな電波を受信することができます。
一方でアンテナの種類としては、昔ながらの魚の骨のような形をした八木アンテナがあります。
これらは地デジ放送を受信することができます。
一方で衛星放送であるBSやCSを受信するためにはパラボラアンテナを設置する必要があります。
地デジ放送の場合には電波塔のある方向にアンテナを向ける必要があり、衛星放送では放送衛星がある場所を向ける必要があります。
一方で地デジアンテナは魚の骨のような八木アンテナがもっとも効率よく電波を受信することができる仕組みですが、デザイン的に良くないため電波の受信状態が良い場所ではボックス型のアンテナも販売されており、外観を損なわないデザインとなっています。